BIO

HIROSHI WATANABE aka Kaito
Composer,Producer,DJ / Photographer

東京音楽大学附属高等学校コントラバス科卒。
ボストン、バークリー音楽学院 MUISC SYNTHESIS科卒。

国内外のダンスミュージックレーベルより作品を多数リリース。リミックス、楽曲プロデュース、CM、TVドラマ、アニメ、映画、 広告、ファッションショー、舞台音楽、イベント楽曲制作と多岐に渡り楽曲を手掛ける。

コナミ、ビートマニアシリーズへ多くのヒット曲を提供。 ドイツ最大のエレクトロニック・レーベルKOMPAKTよりKaito名義での作品はシングル『Everlasting』1stアルバム『Special Life』がヨーロッパで話題となり計8枚のアルバムを発表。
アニメ交響詩編エウレカセブンへ「Get it by your hand」を楽曲提供。
2017年夏ハイエヴォリューション1として新たに映画化され同楽曲のニューテイクが再び挿入曲となる。
鴻上尚史プロデュース舞台作品へは第三舞台封印解除&解散公演を含む公演へ10年以上に渡り音楽を担当。
VESTAXと共同開発により作り上げられたSignatureモデルであるDJコントローラーTR-1を発表。

2014年秋『WDR Funkhausorchester meets KOMPAKT』と題してドイツケルンWDRオーケストラとケルンにて共演。
日本三大名瀑の一つ茨城県『袋田の滝』ライトアップショーへサウンドトラックを作り上げる。

2016年、Derrick May 主宰 U.Sデトロイトのテクノ老舗レーベルTransmat Recordsより日本人として初のリリースとなる『Multiverse』を発表。


アーティスティックスイミングジャパン乾由紀子ソロテクニカルルーティン楽曲担当。
FISノルディックスキージャンプ女子ワールドカップ蔵王大会2018 会場楽曲担当。
音楽学校メーザーハウス、
サウンドクリエイト科講師担当。

Tokyo based Hiroshi Watanabe is one of Japan’s leading electronic dance music artists.  He graduated from the Berklee College of Music in Boston, MA USA.

Hiroshi releases music under his own name as Hiroshi Watanabe and different aliases including Kaito (Kompakt), Tread, Quadra, to name a few.  As Kaito he has released 4 studio albums + 4 beatless versions of those albums from one of Europe’s best labels, Michael Mayer’s Kompakt records.

In 2013 he released 2 albums: “Recontact” a mix album for the 20th anniversary of Kompakt and the album “Until the End of Time” also under Kaito including a beatless version as well.

Hiroshi has continued DJing and performing live under Kaito / Hiroshi Watanabe and touring throughout all popular Japanese clubs and overseas.  In 2016 his releases as Hiroshi Watanabe included the “Multiverse” as both an EP and album on legendary Detroit label Derrick May’s Transmat, which has the great techno music history and has just been reactivated to celebrate the 30 years of Transmat Records.

He has released loads of music on many labels such as Kompkat, Transmat, Optima Trax, Moodmusic, Klik Records, Ibadan Records, King Street Sounds, Nite Grooves, and more.

In 2018 we saw yet another milestone in the career of Hiroshi with the release of his EP “Threshold of Eternity” again on Transmat.